アルミ丸棒はすぐに手に入って加工がしやすいのが魅力的

アルミ丸棒はすぐに手に入って加工がしやすいのが魅力的

アルミニウムは配合で特性が大きく変化する金属材料

自宅でも目にすることが多いアルミニウムですが、耐久性や耐食性、軽量性や加工性に優れた金属材料です。また、アルミニウムは薄く延ばしたものを生地に貼り付けるなどしたものが保温材料として使用され、保温性にも優れています。そんなアルミニウムですが、アルミホイルなどは破れやすい、アルミの細い棒は手で簡単に曲がる、アルミ製のナットは変形しやすい、アルミホイールは傷が付きやすいというイメージ持ち、弱い金属材料と認識されてしまうこともあります。しかし、アルミニウムはそれ単体で使用されることはなく、アルミニウム合金として我々の生活に浸透しています。アルミニウムは、そのほかの金属材料を配合することで耐久性や耐食性、電気特性などが大きく変化します。軽量でありながらアルミニウム合金は、自動車のホイールやボディのほか、新幹線のボディなどにも採用され非常に強靭なものとなっています。また、金属材料の配合を変化させることで様々な用途に合ったものに加工することもでき、金属材料としての可能性にも優れています。そのほかにも耐食性の高さは、調理器具や食器など腐食してボロボロになり難いといったメリットにも繋がっています。また、軽さによりパイプ材なら太くしても鉄に比べて軽さが少ないなど構造的な強度も高めることができます。

Press Release

New Topics

電線に使われる金属材料は銅以外にアルミもある

電線に使われる金属材料といえば銅をイメージする方が多いのではないでしょうか。小学校や中学校などの理科や図工などで、ホビー用の電線を教材として使用することも…

more

アルミニウムは配合で特性が大きく変化する金属材料

自宅でも目にすることが多いアルミニウムですが、耐久性や耐食性、軽量性や加工性に優れた金属材料です。また、アルミニウムは薄く延ばしたものを生地に貼り付けるな…

more

金属材料である純アルミニウムとアルミニウム合金の違い

金属材料とは、その名のとおり金属が含まれる材料のことです。金属材料は鉄鋼と非鉄金属に分けることができます。鉄鋼で代表的なものとしては、鋼とステンレスです。…

more

1円硬貨の金属材料であるアルミニウムはどんなものに使われている?

お金は人を介して使用されるものとして、その材料も強度があるものが選ばれています。紙幣は何らかの負荷が掛かって破れることもありますが、折り曲げても長く使用さ…

more

Information

このページのトップへ